本文へ移動

フラワーランドブログ

~Q&A~ 教えて!所長さんっ♬

(Q)「ガーシー」って言葉がでてきますが、「ガーシー」って何ですか?

~所長のてくてく散歩~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

~所長のてくてく散歩~

2021-09-06
カテゴリ:庭園レポート
やっと晴れ間が続きそうです。
今日から秋色花壇への植替え作業開始で~す。
そしてなんと8月25日でも紹介しましたが
ヒマワリから植替えをしたジニアがポツポツと可愛らしい花を咲かせ始めましたぁ~
今月の下旬ごろには、見頃を迎えるでしょう
さてこの花壇は、自由広場左の花壇と呼んでいます。
花壇のコンセプトは、四季を代表する旬の花から、
草丈の大きいもの、花の大きいもの、色合いのはっきりしたものを一面に植栽し、
入園ゲートからの印象を強くするとともに、写真スポットとなるように植栽しています
ということで、フラワーガーデンと自由広場左の花壇は、
開園する頃にはフォトジェニックな空間になること間違いなしです。
現在では、このようなコンセプトなんですが、
開園した当時は違っていましたのをご存知ですか。
先日、コレクション花壇のコンセプトを紹介しましたが、
開園当時は、園内に植栽している草花は全て自由広場の花壇で紹介していました。
当時のコンセプトまで覚えておりませんが、
『全ての庭園の花は、自由広場から伝わる』をコンセプトにしちょったかもしれませんね。
ということで、2008年6月と2021年9月6日の比較となります。
コンセプトの違いがよく分かりますね。


~所長のてくてく散歩~

2021-09-05
カテゴリ:庭園レポート
昨日から天気も回復して作業も順調に進む兆しが・・・
9月になって朝夕が本当に涼しくなりましたね
今朝のてくてく散歩の気持ちが良かったこと。
いやー最高ですね
さて本日は、自由広場の南側から花くるりん方向を見た園内です。
こちらにもガーシーを設置していますが、自由広場が広いのであまり大きさを感じませんね。
さて、このガーシーがあるCMに主演として❓出演したことがあるんですよ
その撮影が面白かったのですが、ガーシーの花が見頃で、
もりもりに咲いていたジニアを優しく少しずつ抜いていったのです
で、完成したCMは逆回りで、
みんなでガーシーを完成させた映像になっていました。
もりもりで見頃のガーシーが完成!
そしてみんなでバンザイ
分かる人がよぉ~く見ると気づきましたが・・・
覚えておられる方がいらっしゃいますか
さて、話は変わりますが、そばにあるサルスベリも大きく育ちました。
今まで紹介した花壇もそうですが、園内の木々は、
やまぐちフラワーランドの成長に合わせて、ご来園のお客さまに木陰を提供できるように大きくなりました。
暑い夏も園内の木陰に入ると本当に気持ちが良いですね
ということで、2008年11月と2021年9月5日の比較になりますがご紹介します。


~所長のてくてく散歩~

2021-09-04
カテゴリ:庭園レポート
先日から天気に恵まれていない中で思うように作業が進んでいませんが、
園内やエントランスに設置しています立体花壇のガーシーの植替えを行いました。
今では、色々な場所で使用されるようになっていますが、
やまぐちフラワーランドが、全国的にもいち早く導入したんですよ
植替えをしたガーシーが見頃を迎えるまでにはもう少し時間がかかりますが、
夏に植えていたベゴニアのように、かき氷のような出来栄えになると思いますよ。
このガーシーは、やまぐちフラワーランドがモデルとなり、
全国の公園などの施設に広まっていったと勝手に思っています。
このように、やまぐちフラワーランドは、花のまちづくりのモデルとなる取り組みを進めています。
その他、その象徴的な花壇が、モデルガーデンです。
モデルガーデンは、1年草だけでなく、
花木、宿根草、エクステリア等も設置し、家庭で楽しむことができる庭づくりの提案を行っています。
また、売店で取り扱っている苗や鉢を使い、使い方も提案しています。
さらに、新規に植栽予定の花苗の試験的な栽培も行っていますので、
新しい花に出会うことができるかもしれません。
現在のモデルガーデンは、温室との繋がりをより強くしましたので
開園当時とは雰囲気は違うと思います。
同じ季節の写真が無かったので2007年5月の春と
今年の夏の比較になりますが年々成長するやまぐちフラワーランドをご覧ください。



~所長のてくてく散歩~

2021-09-03
カテゴリ:庭園レポート
秋色の花壇に植替えするマリーゴールド、ガーデンマム、サルビアなど約5万鉢の花苗が入荷しました。
さぁ9月2日から植替えです・・・
ところが、お天気は気まぐれです。
ここにきて雨の日が続き、計画通りに植替えが進みません。
早く雨が上がらないかなぁ~
さて、先日天気のいい時に撮影したコミュニティーガーデンからの眺望をご覧いただきます。
コミュニティーガーデンの園路沿いの花壇は、ダリアなどの球根類と大型の宿根草を背景に季節の草花を植栽しています。
また、中段や上段の花壇を中心に来園者向けの体験花壇や園芸療法で利用する花壇としています。
それぞれの花壇を管理していただいているグループを紹介していますので併せてご覧ください。
もう一枚の写真は、2008年9月の同じ場所からの写真です。
当時は、花くるりんもよく見えていましたが、今はもう花くるりんが見えないくらい木々が大きく育ちました。
当時は、木陰が無いとよく言われていましたが、
今では木陰のベンチでお話をされているカップルをよく見かけるようになりました。

~所長のてくてく散歩~

2021-09-01
カテゴリ:庭園レポート
子どもたちも学校が始まり、集団登校の小学生の声が聞こえてきました。
9月に入り、朝は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑さが厳しいですね。

園内の花も少しずつ変化があります。
ブログの更新も29日でストップしておりましたので、
肘も肩も温まりましたので3連投します。

この度は、入園ゲートから見てもはっきりとわかる色や、
配置で写真スポットとなるようインパクトのあるデザインとしています。

また、自由広場の花壇との調和を図るようにしています。

8月のボーダーガーデンは、鮮やかな赤の花穂と緑が混じった銅葉が渋くておしゃれな、
ケイトウチャイナタウンが植栽されていますが
この度、9月の植替えでジニアに変わります。

さて、今回のテーマ比較ですが、
ロックガーデンと同じ写真では面白くないので季節は違いますが違いが比較しやすい写真にしました

2009年3月の花壇の様子です。
やっぱり自然との調和は必要ですね

引き続き「所長のてくてく散歩」をよろしくお願いします。
次回をお楽しみに!
やまぐちフラワーランド
〒742-8787
山口県柳井市新庄500-1
TEL.0820-24-1187
FAX.0820-23-2411
TOPへ戻る