本文へ移動

フラワーランドブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ニゲラ♪

2019-07-02
カテゴリ:庭園レポート

「ニゲラ」という花をご存知ですか。

やまぐちフラワーランドでは、入園ゲートに入るとすぐに左手に見えてくるウエルカムガーデンや、温室売店の近くのモデルガーデンの一画に植え付けています。

 

花が咲いている状態の画像は6月3日にウエルカムガーデンで撮影したものです。青い花と白い花の2種類のニゲラが写っています。

 

真ん中の画像は、現在のニゲラの様子です。

花が終わると、風船状に丸く膨らんで、その表面には角のような突起がたくさんついています。

ユニークな姿形は、ドライフラワーとしても楽しまれているようです。

 

さて、その風船をカッターで真っ二つにすると、中には真っ黒な種がたくさん入っています。

ニゲラの和名は「クロタネソウ」。その理由がよくわかります。

 

ご来園の際には、風船状に膨らんだ、花が終了したあとのニゲラを探してみてください。(Y.Y)

 

実りの季節♪

2019-06-30
カテゴリ:庭園レポート

実りの季節は秋だけではありません。

ウメの実はすっかり落ちてしまいましたが、園内にはいま、実がなっている樹木や低木がたくさんあります。

 

中でも、一番驚いたのはヤマモモ。

園内の女神像の手前にあるヤマモモには、かつてないほど、たわわに実がなっています。

このところの雨風で、ヤマモモの下の園路には、毎日、たくさんの実が落ちていて、清掃作業がたいへんです。

 

ブルーベリーも実が大きくなっていて、一部の実は青紫色に色づき始めました。

ブラックベリーも赤く色づいていますが、食べ頃の黒い実はまだ多くはありません。

ラズベリーはまだ緑色をしていて、色づくまでにはしばらく時間がかかりそうです。

 

ご来園の際には、春の実りにもご注目ください。(Y.Y)

 

背高のっぼ♪

2019-06-28
カテゴリ:庭園レポート

山口県を含む中国地方もようやく梅雨入りしました。

1週間ぐらいは長雨が続くものと覚悟していましたが、梅雨の中休みで本日は曇り。

幼稚園の遠足で、たくさんの園児が入園する予定なので、ほっとしているところです。

 

園内では、子どもの背丈よりものっぽの植物がにょきにょきと育っています。

まずは、芝生の自由広場の外周の花壇。

チョコバーのような穂をつけた「ミレット」が存在感を見せつけています。

銅葉のミレットの周囲に植え付けた「エキナセア」とのコントラストをお楽しみください。

 

建物から見て右手の方には、長く伸びた茎の先端に青紫色の花をつけた「アガパンサス」や、円錐形の花穂に蝶が集まることで知られる「ブットレア」が背丈を競い合っています。

 

コミュニティー花壇では、色とりどりのダリアが見頃です。

 

そして、一番の背高のっぽは、ハーブガーデンの「チョウセンアザミ」。子どもどころか、大人の背丈も優に超えています。

 

ぜひ、みなさんものっぽの植物と背くらべをしてみてください。

ご来園をお待ちしております。(Y.Y)

 

梅雨入りはまだですが…♪

2019-06-25
カテゴリ:庭園レポート

今日も、フラワーランドの上空には真っ青な空が広がり、フラワーガーデンのブルーサルビアにも強い日差しが降り注いでいました。

いつになったら、梅雨入りが宣言されるんだろう-と心配していましたが、明日夕刻から、お天気は崩れ、しばらくは雨天が続きそうです。

園内では、雨によく似合うアジサイが見頃です。

雨の日にご来園いただいてスタンプを集めると、スタンプの数に応じて花苗や鉢植えをプレゼントするサービスを実施中です。

明日以降、小雨の日を選んでぜひご来園ください。(Y.Y)

 

ダリアの鉢植えを展示中♪

2019-06-23
カテゴリ:庭園レポート

自由広場のステージに、ダリアの鉢植え約50鉢を展示中です。

花言葉は「優雅」、「移り気」。

歌手のアンジェラ・アキが、失恋を題材にした「ダリア」という曲を作っていますが、ダリアの花言葉を巧みに織り込んでいます。

興味のある方は、ぜひ探してみてください。

本日は、果子乃季のあじさい祭りとの連携イベント「花の共演」の最終日。

フラワーガーデン一面に広がるブルーサルビアや自由広場のエキナセア、ボーダーガーデンのケイトウとともに、ダリアの展示もお楽しみください。(Y.Y)

 

TOPへ戻る