本文へ移動

フラワーランドブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

全てブルーサルビアです♪

2019-06-05
カテゴリ:庭園レポート

園内で一番面積の広いフラワーガーデンを、真っ青なブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)が占領してしまいました。

 

フラワーガーデンは、花の観覧車「花くるりん」の前を通り過ぎると左手に見えてきます。

棚田の地形を生かした多段状の花壇で、すべての段に同じ花を植えたのは、今回が初めてです。

 

まだ、開ききっていないので、日を追うごとに青みが増すはず。

明日は休園日の木曜日ですので、金曜日以降にお立ち寄りください。(Y.Y)

 

 

ウェルカムガーデンのつるバラ♪

2019-06-03
カテゴリ:庭園レポート

入園者を真っ先にお出迎えするウェルカムガーデンのつるバラが見頃を迎えています。

撮影アングルを変えながら、シャッターを押しました。

一口にバラといっても色、形、香りそれに咲く時期もまちまちなんですね~。

ご来園をお待ちしています。(Y.Y)

 

 

模様替え♪

2019-05-31
カテゴリ:庭園レポート

昨日の休園日を利用して、花車「花くるりん」を模様替えしました。

ペチュニアに代わって、花車に乗っかっているのは、インパチェンスとニューギニアインパチェンス。

また、入口ゲートの鉢物はインパチェンスに、エントランスの釣り鉢はニューギニアインパチェンスに変わっています。

 

本日から6月2日(日)まで、研修室では「山野草・ヤマアジサイ展」(共催:柳井山草会)を開催中。

みなさまのご来園をお待ちしています。(Y.Y)

 

 

アスチルベ♪

2019-05-26
カテゴリ:庭園レポート

入園者を真っ先にお出迎えする「ウェルカムガーデン」で、アスチルベが花穂を伸ばしています。

昨日ご紹介した房型のシモツケ(正式にはホザキシモツケと呼ぶようです)と同じように房状、つまり円錐状の花です。

一番手前には淡いピンクが、その先には濃いピンクと白色のアスチルベが隣り合って顔をのぞかせています。

 

わが家にも鉢植えのアスチルベがありますが、まだ、花首は伸びてきていません。

直径10cmほどの小さな鉢全体を覆うように葉が広がっていて、花が咲くのが今から楽しみです。(Y.Y)

 

 

房型シモツケ♪

2019-05-25
カテゴリ:庭園レポート

やまぐちフラワーランドの庭園部分の面積は約3.5ヘクタール。

甲子園球場よりも少し狭いといえば感覚的にお分かりいただけるでしょうか。

長年、ここで作業を続け、広い園内の隅から隅まで知っているはずの庭園スタッフでも、ずっと気づかずにいたことがあります。

 

今日は、そんなお話から。

 

「房型のシモツケが園内にあるのを知ってましたか?」。今朝、作業中の庭園スタッフからそんな質問を受けました。

昨日、来園されたお客様から教えていただいたそうです。

 

早速、現地に行ってみました。

 

確かに、房型つまり円錐状のシモツケがあります。

すぐ傍らには、普通のシモツケもあったので、花の形の違いがよくわかります。

葉の形状はどちらもそっくりです。

 

シモツケは、落葉性の低木で、この時期から淡いピンク色の花を咲かせます。

下野(シモツケ)の国、現在の栃木県で見つかったことから、この名がついたそうです。

 

センタープラザから芝生の広場に出た場所の右手にある東屋の後ろに、両方のシモツケが風に揺れています。

ご来園の際には、ぜひお立ち寄りください。(Y.Y)

 

 

TOPへ戻る