本文へ移動

フラワーランドブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

1本だけが満開に♪

2019-03-31
カテゴリ:庭園レポート

やまぐちフラワーランドの建物(センタープラザ)に添うようにして、細長い形状の池があります。

池のほとりには、14本のシダレザクラが植栽されていて、そのうちの1本だけが毎年、ほかの13本よりも一足早く花を咲かせます。

今年もご覧のとおり、ほぼ満開の状態。ほかのシダレザクラは、まだほとんど花を咲かせていません。

柳井市に隣接する平生町の般若寺のシダレザクラも近隣では有名です。

昨日、散歩しながら様子を見てきたところ、あちらも満開でした。

明日から4月。お花見のシーズンですね。

サクラだけでなく、色とりどりの草花を楽しめる当園に、ぜひお花見がてらお越しください。(Y.Y)

 

 

間違わないで♪

2019-03-26
カテゴリ:庭園レポート

みのりの庭の一画に、1本だけ満開の花を咲かせた樹木があります。

ソメイヨシノによく似たこの木は「ベニバスモモ」です。

1週間から10日程度、ソメイヨシノよりも早く咲き、うっかり屋さんは間違えるそうです。

樹名のとおり、晩秋になると赤褐色に葉が色づき、紅葉も見事ですが、満開も捨てがたい。

先週末には、親子連れでこの木をスケッチする方もいらっしゃいました。

つい最近、ご紹介した「ベニバナユキヤナギ」もすぐ近くにあります。(Y.Y)

 

 

スノードロップ♪

2019-03-25
カテゴリ:庭園レポート

野菜や果樹がある「みのりの庭」のウメの木の根元で、頭を垂れるようにして、スノードロップが咲いています。

英国では、凍土を持ち上げるようにして姿を現し、毎年2月に花を咲かせるそうです。

「長い冬を過ごす北国の人々に、春はそう遠くないというニュースをそっと知らせる、最初の花」-タキイ種苗が毎月発行する園芸誌「はなとやさい」に掲載されたエッセイの中で、ロンドン在住のノンフィクション作家、あべ菜穂子さんは、スノードロップのことをこんな風に表現していました。

すぐそばのムスカリや、近くの花壇のチューリップも見ごろです。

ご来園の際には、お立ち寄りください。(Y.Y)

 

 

ユキヤナギ♪

2019-03-24
カテゴリ:庭園レポート

ユキヤナギが見頃を迎えました。

まずは駐車場で下車したお客様を、歩道の左側のユキヤナギがお出迎えします。

園内に入場すると、芝生の自由広場を周回する園路を縁取るように、ユキヤナギを植栽しています。

実は、彩りの谷の手前の山ぎわには、ツボミがピンク色の「ベニバナユキヤナギ」を植えています。

ちょっとわかりにくい場所なので、見つからないときには職員・スタッフにお尋ねください。(Y.Y)

 

 

出張イベント♪

2019-03-20
カテゴリ:イベント紹介レポート

出張イベントのお知らせです。

 

明日、21日(祝)10時から、当園の連携施設である徳山動物園で、土がなくても空中で育つ不思議な植物「エアプランツ」を使った体験コーナーを開設します。

全長3cmほどの動物フィギュアとペアで使用するので、イベントのタイトルは「エアプランツで作ろう♪自分だけのミニ動物園」。

 

エアプランツは、北アメリカ南部や南アメリカを原産地とする植物で、岩石や他の植物に着生し、葉や根から、空気中のわずかな水分を吸収し、成長します。

画像は、バックヤードで明日の出張イベントを待っているエアプランツです。

ここにあるのは、ごく一部の品種で、原産地では600種類以上のエアプランツが知られているそうです。

 

水がいらないという特性を生かして、貝殻、ガラス容器、木製フレーム、ブリキ、陶器、照明器具など、さまざまな資材と組み合わせて、インテリアグリーンとしてお楽しみいただけますが、今回は、4~5cmの木製チップを使った土台をエアプランツと組み合わせます。

 

体験料は500円。100円を追加すると、動物フィギュアを2つ使えます。

材料がなくなり次第、終了となりますので、ご容赦ください。

みなさまのご参加をお待ちしています。(Y.Y)

 

 

TOPへ戻る